最近ではTBS系で山下智久主演のドラマが放送されています。(アルジャーノンに花束を)

Daniel KeyesのFlowers for Algernon

MENU

Flowers for Algernon

Daniel KeyesのFlowers for Algernonは1959年に発表されたアメリカのSF小説です。

 

翌年ヒューゴ賞を受賞、1966年にネビュラ賞を受賞しました。
知能指数を高める手術を受けた知的障害者である主人公のチャーリーによる経過報告として綴られています。

 

映画やテレビドラマ、舞台に何度もなっており最近ではTBS系で山下智久主演のドラマが放送されています。

 

 

あらすじ

チャーリーは知的障害者専門のクラスに通っていたある日、担任のアリスから開発されたばかりの脳手術を受けるよう勧められる。
先に動物実験の対象となったハツカネズミのアルジャーノンは、驚くべき記憶力・思考力を持っていた。頭が良くなるならとチャーリーは手術を受ける。
手術は成功し彼のIQは65から185に上がった。
知識を得る喜びを知った一方で母親に捨てられた過去や友人だと思っていた仕事仲間からいじめをうけていたことなど今まで知らなかったことをだんだんと理解していく。
幼い感情をもったまま急に天才になった彼は知らず知らずのうちに周囲を傷つけ孤独になる。

花束

 

そんなある日、チャーリーはアルジャーノンの異変に気付く。彼らが受けた手術には欠陥があった。一時的に知能は上がるが性格の発達が知能に追い付かず社会性を失うこと。ピークを過ぎた知能は下降し以前よりも低くなることだった。

 

アルジャーノンは正気を失ったまま死を迎える、それを見たチャーリーは自ら施設を訪れる。
彼の書いた経過報告書の最後には「うらにわにうまっているアルジャーノンにはなたばをあげてください」で締めくくられている。

 

 

感想

チャーリーは知能が上昇することが本当によいことなのか悩みます。
知能は低くても子供の精神状態のほうが幸せなのではないかと考えるようになります。
一方で知性を失うことの恐怖もありました。
手術直後のチャーリーの経過報告は間違いだらけです。
単語も文法もアルファベットでさえも間違えている英文を理解するのはとても難しいです。
重要なことは書かれていないのですっとばして大丈夫です。

 

 

まとめ
  • チャーリーの書くめちゃくちゃな英文はすっとばしていい
  • 宇宙や未来を描くSF小説とは違った作品

 

その他、当サイトではFahrenheit 451というSF小説もご紹介しています。